ライアン・アンダーソン「再建には時間がかかる」

【スポンサーリンク】

キャリア11年目を迎えているベテランシューターのライアン・アンダーソンは、オフシーズン中のトレードでヒューストン・ロケッツからフェニックス・サンズに移籍した。

サンズはデビン・ブッカーやディアンドレ・エイトンなど将来有望な若手が多く、これからが期待されているチーム。

だが、アンダーソンはチームに足りないものを感じているのかもしれない。

アンダーソンは再建中のサンズについて次のようにコメント。The Athleticが伝えている。

「一晩でチャンピオンシップの組織、もしくは偉大なプレイオフチームになるわけじゃない。再建には時間がかかる。その時間を許さないといけない。ただ、ハードにプレイしないことをその言い訳にするのはダメだね」

今季は1勝5敗と厳しいスタートを切っているサンズ。

エースのブッカーがハムストリングを再び不勝利、離脱するという不運にも見舞われているが、プレイオフ復帰へ向けてハードなプレイを続けたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA