ジョエル・エンビード「ルディ・ゴベールとのマッチアップが好き」

【スポンサーリンク】

昨季の ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー であるユタ・ジャズのルディ・ゴベールと、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードが先日、ジャズのホームで対戦した。

結果はシクサーズが17点差で勝利したわけだが、エンビードはディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーのゴベールとのマッチアップを楽しんだようだ。

エンビードはゴベールとのマッチアップについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。



「彼のような男と対戦するのが大好き。ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤーだと思う。俺が受賞すべきだった」

「ただ、彼との対戦は大好き。彼は素晴らしい男であり、素晴らしいディフェンダーさ。すごくリスペクトしてる。彼と対戦するたび、彼は俺をステップアップさせるんだ。これからのマッチアップもエキサイティングなものになるだろうね。待ちきれないよ」

このマッチアップでエンビードが23得点、15リバウンド、6アシスト、5ブロックショットを記録したのに対し、ゴベールは17得点、15リバウンド、5アシスト、2スティール。

軍配はエンビードにあがったと言えそうだが、両者のバトルはこれからますます激しくなるだろう。

なお、今季のエンビードは35試合に出場し、平均33.8分のプレイで26.5得点(キャリアハイ)、13.3リバウンド (キャリアハイ) 、3.5アシスト (キャリアハイ) 、1.9ブロックショット、FG成功率48.4% (キャリアハイ) 、3P成功率28.5% (キャリアワースト)を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算129試合に出場し、平均30.1分のプレイで23.2得点、10.8リバウンド、3.0アシスト、2.0ブロックショット、FG成功率48.0.%、3P成功率31.4%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA