【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス カイリー・アービングの謝罪を受け入れる

2017年夏、オールスターポイントガードのカイリー・アービングはクリーヴランド・キャバリアーズにトレードを要求し、ボストン・セルティックスに移籍した。

当時のキャブスはレブロン・ジェイムスがリーダーとして牽引するチームであり、タイトル奪還を狙えるチームだった。

しかし、自身がリーダーとなり、チームを牽引することを求めていたアービングはセルティックスに移籍。

アービングは当時の自身は「若かった」とし、ジェイムスに謝罪の電話をかけたという。

ジェイムスはアービングの謝罪を受け入れると共に、その姿勢に感動すら覚えたのかもしれない。

RealGMによると、アービングから電話がかかってきた時、ジェイムスは偶然にもロサンゼルスでケビン・ラブとディナーを楽しんでいたため、後で折り返すと、アービングの謝罪を受け入れ、そして称賛したという。


キャブスを悲願のタイトル獲得に導いたジェイムスとアービング。

ジェイムスは自身の経験を基に、アービングに惜しげなくアドバイスすることだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA