カーメロ・アンソニー ニックス復帰の質問に「どうなるか見てみないと」

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツの一員として今季を始めたカーメロ・アンソニーだったが、チームのシステムにフィットすることができず、シーズン早々に戦力外通知を受けた。

1月のトレードでロケッツからシカゴ・ブルズへ移籍し、直後に解雇されFAになったアンソニー。

一時はロサンゼルス・レイカーズ移籍の噂も流れたが、結局どのチームとも契約できなかった。

そのアンソニーに「ケビン・デュラントがニューヨーク・ニックスと契約したらニックス復帰はあるか?」という質問がとんだところ、アンソニーは笑顔でこう返答したという。12up.comが伝えている。

「どうなるか見てみないとね」

スコアラーとしての能力に衰えが見え始め、オクラホマシティ・サンダーでもロケッツでも十分なパフォーマンスをみせることができなかったアンソニー。

果たしてアンソニー獲得を狙うチームは現れるのだろうか。

それともこのまま現役を引退することになるのだろうか。

なお、今季のアンソニーはロケッツで10試合に出場し、平均29.4分のプレイで13.4得点(キャリアワースト)、5.4リバウンド、0.5アシスト(キャリアワースト)、0.1スティール(キャリアワースト)、FG成功率40.5%、3P成功率32.8%を記録。

キャリア16年を通してデンバー・ナゲッツ、ニックス、サンダー、ロケッツでレギュラーシーズン通算1064試合に出場し、平均35.8分のプレイで24.0得点、6.5リバウンド、3.0アシスト、1.0スティール、FG成功率44.9%、3P成功率34.7%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA