【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC 第5戦最終盤での判定にキレる

ロサンゼルス・クリッパーズ対オクラホマシティ・サンダーのシリーズ第5戦、クリッパーズはまさかの逆転負けを喫してしまった。

だが、この試合の最終盤で疑惑の判定があり、ドック・リバースHCが激怒している。

第4Qの最終盤、クリス・ポールからラッセル・ウェストブルックがスティールし、ルーズボールを拾ったレジー・ジャクソンがドライブイン。

マット・バーンズがジャクソンの前に立ちはだかり、アウト・オブ・バウンズでサンダーのポゼッションとコールされたわけだが、リプレイではバーンズはボールに触れていないように見える。

バーンズが触れていないならクリッパーズのポゼッションとなり、直後のウェストブルックのフリースロー3本もなかったかもしれない。

仮にバーンズがファウルを犯していたとしても、ジャクソンに2本のフリースローが与えられ、サンダーの逆転勝利とはならなかっただろう。

これでクリッパーズには後がなくなった。

もし第6戦で敗れれば、クリッパーズのシーズンは終わる。

大事な一戦でのコールだっただけに、リバースHCが強い憤りを感じるのも仕方のないことだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA