【スポンサーリンク】

クリッパーズのトリオが契約をオプトアウトへ

ロサンゼルス・クリッパーズのダレン・コリソン、グレン・デイビス、ダニー・グレンジャーが最終年の契約をオプトアウトし、FAになると報じられた。

だが、情報筋によるとFAになるのは市場での価値を試すためであり、3選手ともクリッパーズ残留を希望しているという。

この3選手の中で最も動向が注目されているのは、コリソンだ。

クリス・ポールとジャマール・クロフォードが負傷離脱している間、コリソンはポイントガードとシューティングガードのポジションでプレイし、チームを窮地から救った。

ポールが欠場した18試合でコリソンは先発し、期間中は12勝6敗を記録。

自身も13.3得点、6.5アシストのアベレージを残し、オクラホマシティ・サンダーとのプレイオフシリーズ第2戦で見せた活躍は記憶に新しい。

また、2013-14シーズン後半からクリッパーズに加わったデイビスは、レギュラーシーズン23試合に出場し、平均13.4分の出場時間で4.2得点、3リバウンドを記録。

プレイオフでは平均12.2分の出場で3.8得点、2.8リバウンドのアベレージを記録した。

3月に行われた対ヒューストン・ロケッツ戦ではドック・リバースHCに何らかの暴言を放ったとされており、デイビスはリバースHCからロッカールームへ下がるよう命じられたことも。

もちろんこの話題は大きなトピックとなった。

一方、デイビスと同じ時期にクリッパーズに加入したグレンジャーは、レギュラーシーズン12試合に出場し、平均16.2分の出場時間で8.0得点、2.3リバウンドのアベレージを記録。

レギュラーシーズン終盤には左ハムストリングの負傷で離脱し、万全な状態で迎えられなかったプレイオフでは平均10.3分の出場で2.6得点にとどまっていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA