【スポンサーリンク】

シャキール・オニールが考えるクリスチャン・レイトナーのドリームチーム選出理由とは?

シャキール・オニールが考えるクリスチャン・レイトナーのドリームチーム選出理由とは?

ドリームチームが圧倒的な強さで金メダルを獲得した1992年のバルセロナオリンピック、まだNBAデビューしていなかったクリスチャン・レイトナーもそこにいた。

ロスターの最後の2枠に誰が入るか注目された中、当時ポートランド・トレイルブレイザーズのクライド・ドレクスラーと、レイトナーが選出。

事前から大学のプレイヤーを選出することは決まっていたというが、シャキール・オニールやアロンゾ・モーニングといった後にNBAで大成功を収めたプレイヤーは選出されなかった。

では、なぜオニールでもモーニングでもなく、レイトナーが選出されたのだろうか?

オニールはその理由について次のように説明。clutchpoints.comが伝えている。

僕のほうがより爆発力があり、よりパワフルなプレイヤーだった。

ただ、クリスチャン・レイトナーは僕より基礎が少しできていた。

それに彼は(大学で)4年間を過ごし、卒業したからね。

オニールは自身が選出されなかったことに憤り、レイトナーに嫉妬を感じたという。

当時のドリームチームをヘッドコーチとして指揮したのアシスタントコーチだったのは、デューク大学の名将マイク・シャシェスフキー。

レイトナーはデューク大学出身であり、シャシェスフキーHCの下で4年間プレイしたことも大きな選出要因のひとつだったと言えるだろう。

なお、1992年のドラフトトップ27(1巡目)は以下の通りだ。

指名順選手名チーム
1シャキール・オニールオーランド・マジック
2アロンゾ・モーニングシャーロット・ホーネッツ
3クリスチャン・レイトナーミネソタ・ティンバーウルブズ
4ジミー・ジャクソンダラス・マーベリックス
5ラフォンゾ・エリスデンバー・ナゲッツ
6トム・ググリオッタワシントン・ブレッツ
7ウォルト・ウィリアムスサクラメント・キングス
8トッド・デイミルウォーキー・バックス
9クラレンス・ウェザースプーンフィラデルフィア・セブンティシクサーズ
10アダム・キーフアトランタ・ホークス
11ロバート・オーリーヒューストン・ロケッツ
12ハロルド・マイナーマイアミ・ヒート
13ブライアント・スティスデンバー・ナゲッツ
14マリック・シーリーインディアナ・ペイサーズ
15アンソニー・ピーラーロサンゼルス・レイカーズ
16ランディ・ウッズロサンゼルス・クリッパーズ
17ダグ・クリスティシアトル・スーパーソニックス
18トレイシー・マレーミルウォーキー・バックス
19ドン・マクレーンデトロイト・ピストンズ→ワシントン・ブレッツ
20ヒューバート・デイビスニューヨーク・ニックス
21ジョン・バリーボストン・セルティクス
22オリバー・ミラーフェニックス・サンズ
23リー・メイベリーミルウォーキー・バックス
24ラトレル・スプリーウェルゴールデンステイト・ウォリアーズ
25エルモア・スペンサーロサンゼルス・クリッパーズ
26デイブ・ジョンソンポートランド・トレイルブレイザーズ
27バイロン・ヒューストンシカゴ・ブルズ

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    チャックデイリーでしょ・・・

*

CAPTCHA