【スポンサーリンク】

ダニー・グリーンがカワイ・レナードのブザービーターを振り返る

トロント・ラプターズは昨季、フランチャイズ初となるNBAチャンピオンに輝いた。

数々のタフなバトルを切り抜け、悲願のタイトル獲得を果たしたラプターズだが、ファンの心に残る大きなシーンといえば、フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのカンファレンスセミファイナル第7戦でカワイ・レナードが決めたブザービーターだろう。

奇跡の瞬間を目の前で見ていたダニー・グリーンによると、レナードがブザービーターに至るまでの流れはプレイコール通りではなかったという。

グリーンはレナードのブザービーターについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

あれはプレイコールじゃなかったと思う。

だが、いつだってオプションはひとつではない。

2つのオプションが遭った。

まずはコート上の選手たちを探すことだ。

オープンになっているかもしれないからね。

だけどそうせず、カワイに直接パスし、なんとかしようとしたんだ。

そして彼はボールをキャッチし、決めてしまったのさ。

ボールが(リングの上で)バウンドしている1秒は、まるで45秒のようだった。

リアルタイムではあのロール、あのバウンドは永遠のようだったよ。

グリーンは昨年5月、レナードのこのブザービーターについて「まるで30秒のように感じた」としていた。

あれから1年が経ち、グリーンの記憶の中では15秒長くなったようだ。

それだけ印象的なプレイであり、忘れられないシーンとなっているのだろう。

年齢を重ねるに連れてさらに印象的な記憶となり、いずれは永遠となるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA