【スポンサーリンク】

クリス・ポールがジャージーにメッセージを入れる案について「社会問題に光を当てる」

NBAとNBPAはオーランドでのシーズン中に社会問題への取り組みや慈善活動をサポートするため、ある案を議論している。

その案とは、ユニフォームの背面に選手たちがそれぞれメッセージを入れるというものだ。

NBAとNBPAはすでにこの案に合意しており、現在は詳細を詰めているというが、発案者であるクリス・ポールによると、世界中に広がっている社会問題に光を当てるための施策だという。ポールのコメントをESPNが伝えている。

毎日毎日議論されている社会正義の問題に光を当て続けるためだ。

オーランドでは社会正義の意識が消えてしまうと人々は言っているよね。

ジャージーに記すから、そうはならないよ。

ポールによると、選手たちも賛同しており、それぞれの選手が自身を表現するチャンスだと感じているという。

NBAとNBPAはその他にもさまざまな案を議論しており、社会問題に対する取り組みを続ける見込みだ。

選手たちがどのようなメッセージを記すのか、注目が集まるのは間違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA