【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがメディアを痛烈批判

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングは、コメントを発するたびに批判を浴びている。

そのたびに反論し、自身の正当性を主張しているアービング。

そんな中、スポーツライターのトニー・コーンハイザーが先日、「彼は非常に惨めだ。彼は非常に哀れだ。彼と一緒にプレイしたい人間がいるなんて、私には信じられないね」とアービングを痛烈批判。

行き過ぎた発言のようにも感じるが、当然ながらアービングが反論した模様。

アービングはメディアからの相次ぐ批判を受け、次のように反撃。fadeawayworld.netが伝えている。

レガシーの輝きより金のためにくだらないことを言う人間も中にはいる。

コーブ(コービー・ブライアント)のことを『激しい競争者、NBAオールスター、MVP、彼はパスしない』と言う人間もいるかもしれない。

彼らが僕の大好きなコーブのことを激しく批判したり、中傷したりしようとしたことを忘れないでくれ。

アーティスト、教師、哲学者、フーパー、文化的象徴よ、立ち上がれ。

アービングには「リーダーシップが欠如している」、「良いチームメイトではない」などという批判が以前から集中している。

NBAで共に戦う者の多くはアービングを擁護しているが、おそらくアービングがどれだけ反論しても火に油を注ぐだけだろう。

何も言わせないためには、コートで確かな結果を残すしかない。

完全復活するであろう来季はネッツを牽引し、自身の正当性を証明してもらいたいところだ。

なお、アービングの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数20528
平均出場時間32.933.8
平均得点27.422.4
平均リバウンド5.23.7
平均アシスト6.45.7
平均スティール1.41.3
平均ターンオーバー2.62.6
FG成功率47.8%46.6%
3P成功率39.4%39.0%
フリースロー成功率92.2%87.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA