【スポンサーリンク】

ビンス・カーター「チャンピオンリングのために魂は売らない」

アトランタ・ホークスのビンス・カーターは、今季限りで現役生活の幕を下ろす。

キャリアを通して多くのチームでプレイし、NBAを代表するスコアラーのひとりとして活躍したものの、チャンピオンリングには届かなかったカーター。

だが、カーターが何より重要視していたのはチャンピオンシップではなく、コート上で自身のパフォーマンスを見せるということだったのかもしれない。

カーターによると、チャンピオンリングを獲得するために自身の信念を曲げ、魂を売るような真似はしたくなかったという。カーターのコメントをBleacher Reportが伝えている。

リングのために魂を売るつもりはない。

僕が言いたいのはこうだ。

43歳になってもコートの上に立ち、戦うことができているし、プレイできているし、僕にできることをできている。

チャンピオンを狙えるチームに行ったとしても、プレイできるという保証はない。

十分な出場時間をもらえる保証はないんだ。

僕にどうにかできることではないよね。

ただ座り、声を出し、自分のスキルをコートで見せることができない。

それを受け入れられないほどゲームを愛しすぎてしまったのさ。

常に自身の信念に従い、突き進んできたカーター。

彼のメンタリティは多くのNBAプレイヤーたちに受け継がれていくことだろう。

なお、今季のカーターは60試合に出場し、平均14.6分のプレイで5.0得点(キャリアワースト)、2.1リバウンド、0.8アシスト(キャリアワースト)、0.4スティール(キャリアワースト)、FG成功率35.2%、3P成功率30.2%を記録。

キャリアを通してトロント・ラプターズ、ニュージャージー・ネッツ、オーランド・マジック、フェニックス・サンズ、ダラス・マーベリックス、メンフィス・グリズリーズ、サクラメント・キングス、ホークスでレギュラーシーズン通算1541試合に出場し、平均30.1分のプレイで16.7得点、4.3リバウンド、3.1アシスト、1.0スティール、FG成功率43.5%、3P成功率37.1%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA