【スポンサーリンク】

アンドリュー・ウィギンス「すべてのことに価値があった」

アンドリュー・ウィギンス「すべてのことに価値があった」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのアンドリュー・ウィギンスは昨季、初めてNBAオールスターの選出されるなど飛躍のシーズンを送った。

NBAプレイオフではタフなディフェンスを繰り広げ、ウォリアーズのNBAタイトル奪還に貢献したウィギンス。

ウィギンスによると、NBAキャリアを通して多くの困難を乗り越えたからこそ、NBAタイトルがより格別になったという。

ウィギンスはNBAキャリアを振り返り、次のようにコメント。The Toronto Starが伝えている。

たくさんの浮き沈みがあった。

たくさんの人々が僕を除外した。

すべての犠牲、すべての浮き沈み、すべてのことに価値があったんだ。

それがストーリーをより良くしてくれているのさ。

コートに足を踏み入れる時は、常に自分にやれることに自信を持っている。

ミネソタにいた時は数字を残した。

だが、人々はこう言っていたんだ。

「彼はバッドチームで数字を残しているだけだ」とね。

ゴールデンステイトではそれほどスコアリングしていないが、より効率的にたくさんのことをこなしている。

だから、世界から注目されているのさ。

これまでとは違う夏だったが、人生で最高の夏だった。

ここ(母国カナダ)に戻って来て、愛とポジティブな気持ちを感じられるのは素晴らしい気分だね。

最高だ。

僕のすべてが始まった故郷にトロフィーを持ち帰ることができた。

友人や家族がいるからこそ、今の僕があるんだ。

ウィギンスによると、元NBA選手の父ミッチェル・ウィギンスや元オリンピック陸上選手の母マリタ・ペイン、そしてたくさんの友人たちがサポートし続けてくれているからこそ、NBAで成功を収めることができているという。

2014年のNBAドラフト1位で指名されたものの、その後十分なパフォーマンスを見せることができず、ウルブズ時代は批判を浴びることも少なくなかったウィギンス。

多くの困難を乗り越えたウィギンスはこれからもNBA選手として成長し、チームの勝利のために全力を尽くすことだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA