【スポンサーリンク】

キャブスファンがカイリー・アービングを嫌い続ける理由とは?ケビン・デュラント「彼が去った時の記憶が残っている」

キャブスファンがカイリー・アービングを嫌い続ける理由とは?ケビン・デュラント「彼が去った時の記憶が残っている」

NBAスターのカイリー・アービングが現地26日、ブルックリン・ネッツの一員として古巣クリーブランドに凱旋した。

アービングはレブロン・ジェイムスと共にクリーブランド・キャバリアーズにフランチャイズ初となるNBAタイトルをもたらした偉大な選手のひとりだ。

だが、アービングはNBA選手としてより成長するためにトレードを要求し、ボストン・セルティックスに移籍。

この経緯があるからか、キャブスファンは今もアービングを受け入れずにいるわけだが、キャブスを離れてから何年も経っているにもかかわらず、なぜキャブスファンは未だにアービングを嫌っているのだろうか?

NBAオールスターフォワードのケビン・デュラントによると、キャブスファンの中にはNBAチャンピオンになったこと以上にアービングのトレード要求が記憶に残っているという。デュラントのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

クリーブファンについて言えるひとつは、彼らは(アービングに)どのような感情にさせられたかを決して忘れないということだ。

彼がチャンピオンになるのを助けたとしてもだ。

彼らにとって彼に対する最後の記憶は、彼が都市を去った時のことなんだ。

アービングのクリーブランド凱旋を受け、「アービングのジャージーを永久欠番にすべきか?」という議論が白熱した。

アービングと共にキャブスをNBAチャンピオンに導いたケビン・ラブは、「間違いなく永久欠番にすべき」と主張。

だが、多くのキャブスファンはそれを認めず、永久欠番にすべきではないとしている。

キャブスはおそらくジェイムスはもちろん、キャブスの一員としてチームを支え続けているラブのジャージーを永久欠番にするだろうが、果たしてアービングのジャージーが彼らと並んで掲げられる日は来るのだろうか?

なお、アービングのキャブス戦のスタッツは以下の通りとなっている。

キャブス戦
出場時間39:37
得点32
リバウンド4
アシスト5
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー3
FG成功率57.9%
(11/19)
3P成功率63.6%
(7/11)
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
+/-+16

【スポンサーリンク】

コメントを残す