【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードが個人賞について「どうでもいい」

ジョエル・エンビードが個人賞について「どうでもいい」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスタービッグマン、ジョエル・エンビードは、シーズンのたびにMVPを目標のひとつにしてきた。

だが、もはやエンビードがMVPレースに自ら加わろうとすることはないのかもしれない。

エンビードによると、今季は個人賞よりNBAタイトルを獲得することに専念するという。

「どの個人賞を勝ち取りたい?」と質問されたエンビードは、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

本当にどうでもいい。

だが、挙げるならディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーかな。

過去2年は僕にとって不運だったことを学んだ。

僕は人々に史上最高の選手、もしくは史上最高の選手のひとりとして記憶してほしい。

これらの賞を獲得しなければそうなれないのは残念だが、僕にコントロールできることではない。

(個人賞は)もはやどうでもいい。

1年目は気にしていたが、昨季はそれほどでもなかった。

(MVPは)ナイスさ。

多くの人々にチャンスがあるわけではないし、そのポジションに身を置くことができないからね。

2年連続で(MVPレース)2位だったのは悔しいが、もうどうでもいい。

僕は僕自身を信じているし、最終的な目標はチャンピオンになることだ。

シクサーズは主力を維持しつつ、NBA屈指の3&DであるPJ・タッカーや元シックスマン・オブ・ザ・イヤーのモントレズ・ハレルの獲得に成功した。

エンビードはチームメイトたちとともに悲願のNBAタイトルを獲得すべく、これまで以上にアンセルフィッシュなプレイでシクサーズを牽引するに違いない。

なお、エンビードの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数68328
平均出場時間33.831.2
平均得点30.6
(キャリアハイ)
26.0
平均リバウンド11.711.4
平均アシスト4.2
(キャリアハイ)
3.3
平均スティール1.1
(キャリアハイ)
0.9
平均ブロックショット1.51.7
平均ターンオーバー3.13.4
FG成功率49.9%49.0%
3P成功率37.1%33.8%
フリースロー成功率81.4%81.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA