【スポンサーリンク】

マット・バーンズ「イメ・ユドカがNBAで再びコーチできたら幸運」

マット・バーンズ「イメ・ユドカがNBAで再びコーチできたら幸運」

昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスは先日、ヘッドコーチのイメ・ユドカに1シーズンの停職処分を言い渡した。

ユドカHCがセルティックスの女性スタッフと不適切な関係を持つなど、組織のガイドラインに複数違反したことが明らかになったためだ。

しかし、元NBA選手のマット・バーンズは、今回の問題によりユドカHCがNBAで働けなくなったと感じているのかもしれない。

バーンズはユドカHCの問題について次のように指摘したという。hoopsrumors.comが伝えている。

彼が何をしたかではなく、彼が誰としたかが問題なんだ。

もしすべてが明るみになってもNBAでコーチできるなら、幸運だと思うよ。

正直言うとね。

ユドカHCの停職処分が報じられた後、バーンズは「重すぎる」とユドカHCを擁護。

だがその後、ユドカHCの問題の内容を知ったとし、「誰もが知っているより100倍ひどい」と指摘した。

セルティックスはユドカHCに停職処分を科したことを受け、アシスタントコーチのジョー・マズッラを臨時ヘッドコーチに指名。

セルティックスはマズッラのサポート体制を強化するため、ロサンゼルス・クリッパーズのジェイ・ララナガAC獲得を狙ったが、ララナガACセルティックスからのオファーを受け入れなかった。

ユドカHCの問題の影響は、もうしばらく続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA