【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード ベン・シモンズとの不和の噂は「デタラメ」

ジョエル・エンビードとベン・シモンズというオールスタープレイヤーを揃えるフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、イースタン・カンファレンス5位でシーズン前半戦を終えた。

タイトルコンテンダーの1チームに挙げられ、昨季以上の躍進が期待されているだけに、ここまでの成績は期待外れと言えるであろう。

その要因のひとつとして噂されているのが、エンビードとシモンズの不和だ。

だが、エンビードによるとシモンズの間に問題はないという。エンビードのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

「(シモンズとの不和報道は)デタラメだと思う。俺たちが一緒にプレイしたここ数カ月、ここ2年を見ると、問題がないことが分かるよね」

「オフェンスが苦しんでるときに問題になるものさ。オールスターブレイク後はもっと良くなると思うよ」

シクサーズは先月末からのロード4連戦をすべて落としたものの、主力陣が怪我から復帰し、またグレン・ロビンソンⅢとアレック・バークスをトレードで獲得。

すると、その後のホームゲーム3連戦を全勝し、オールスターブレイクを迎えた。

後半戦もこの勢いを持続させ、順位を上げてプレイオフに進出したいところだ。

なお、今季のエンビードは39試合に出場し、平均30.5分のプレイで22.9得点、11.9リバウンド、3.2アシスト、1.4ブロックショット、FG成功率46.6%、3P成功率33.6%、フリースロー成功率80.6%を記録。

キャリアではレギュラーシーズン通算197試合に出場し、平均30.7分のプレイで24.0得点、11.5リバウンド、3.2アシスト、1.8ブロックショットを記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA