【スポンサーリンク】

パウ・ガソル 現役復帰と東京オリンピック出場を希望

ベテランビッグマンのパウ・ガソルは昨年7月、ポートランド・トレイルブレイザーズと契約した。

だが、春に受けた左足の手術が影響し、ブレイザーズは昨年11月にガソルをウェイブ。

ブレイザーズの一員としてコートに立つことなく去ることになった。

現役引退も噂され、去就が注目されているガソルだが、NBA復帰は諦めておらず、また今年夏の東京オリンピック出場にも意欲を示したようだ。

ガソルは自身について次のようにコメント。hoopsrumors.comが伝えている。

「今はリハビリをしてるところさ。足を治すことに専念してる。復帰し、再びプレイできるようになるためにね」

ガソルによると、足が完治しない場合、現役引退を考えるという。

昨年末にはコーチングスタッフのひとりとしてブレイザーズに復帰すると報じられたガソル。

コーチングスタッフに加わるか否かはガソル次第であったが、ガソルのバスケットボールに対する情熱はまったく失われていないようだ。

なお、ブレイザーズのコーチングスタッフ就任報道が出た当時、ガソルはプレイヤーとしてNBAに復帰できない場合、東京オリンピックに備えてスペインリーグで復帰するとも噂されていた。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA