【スポンサーリンク】

ダニー・グリーン「ドワイト・ハワードにはチャンピオンDNAがある」

ロサンゼルス・レイカーズのベテランセンター、ドワイト・ハワードは今季、スタッツ上ではキャリアワーストの数字にとどまっている。

だが、キャリアを通して初めてベンチプレイヤーとなり、限られた出場時間の中で十分すぎるほどのパフォーマンスを発揮していると言えるであろう。

先日はレブロン・ジェイムスがはワードを称賛するコメントを発していたが、今度はダニー・グリーンがハワードに言及したようだ。

グリーンはハワードについて次のようにコメント。Heavyが伝えている。

「彼の中には明らかにチャンピオンシップDNAがある。彼は勝つ方法を学んでる。よりプロフェッショナルになろうとしてる。すでにプロフェッショナルだったけど、年長者としてオフ・ザ・コートでさらに学び、成熟しようとしてるんだ。オン・ザ・コートでもオフ・ザ・コートでも、彼はより良いリーダーになろうとしてるのさ」

グリーンはサンアントニオ・スパーズとトロント・ラプターズでタイトルを獲得した経験を持つ。

そのグリーンから見ても、ハワードはレイカーズに大きく貢献しているのであろう。

チャンピオンリングを手にしたことがないハワードにとって、今季はキャリア初のタイトル獲得、そして低迷し始めていたキャリアの復活させる重要なシーズンとなりそうだ。

なお、今季のハワードは29試合に出場し、平均20.0分のプレイで6.8得点(キャリアワースト)、6.9リバウンド(キャリアワースト)、0.7アシスト、1.3ブロックショット、FG成功率74.3%(キャリアハイ)、フリースロー成功率47.9%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してオーランド・マジック、レイカーズ、ヒューストン・ロケッツ、アトランタ・ホークス、シャーロット・ホーネッツ、ワシントン・ウィザーズでレギュラーシーズン通算1073試合に出場し、平均34.1分のプレイで17.1得点、12.5リバウンド、1.4アシスト、1.9ブロックショット、FG成功率58.4%、フリースロー成功率56.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    こいつ最近ペラペラ、そんなにゴリラを喜ばせたいのか。まさにジャイアンの威を借りるスネ夫、今度はこいつがリチャードジェファーソンのポジションに立候補したらしい。
    おまえが殺したクレイは今季絶望なのに、まったく節操のないクソだな。

*

CAPTCHA