【スポンサーリンク】

アルビン・ジェントリーHC「年配のコーチを特別扱いすべきではない」

アルビン・ジェントリーHC「年配のコーチを特別扱いすべきではない」

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、65歳以上のコーチについては試合会場への帯同を認めない可能性があるとした。

65歳以上になると健康リスクが高まってしまうためだ。

一方、ニューオーリンズ・ペリカンズを指揮するアルビン・ジェントリーHCが、65歳以上のコーチを帯同させないという案について真っ向から反対した模様。

65歳のジェントリーHCによると、年配のコーチを特別扱いすべきではないという。ジェントリーHCのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

意味がない。

どうやってコーチングすればいいんだ?

特別扱いすべきではない。

最終的にはリーグが決めることになるだろう。

もし、そうする(65歳以上のコーチの帯同を認めない)なら、不公平だと思う。

リスクのことは理解している。

だが、私はチームと一緒にいたいし、一緒に仕事をしたい。

そのために雇われているんだ。

65歳のジェントリーHCの他、71歳のグレッグ・ポポビッチHC、69歳のマイク・ダントーニHCが帯同を認められない可能性がある。

帯同が認められない場合は遠隔でコーチングすることになるだろうが、選手やコーチングスタッフたちとの連携は簡単ではないだろう。

なお、シルバーはその後、65歳以上のコーチの帯同を認めたい旨の発言をしたが、まだ何も決まっていない。

もし帯同を認める場合、同意書にサインを求める可能性があるとも報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA