【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「ビッグタイムプレイを求めている」

NBAチャンピオン最有力候補のロサンゼルス・レイカーズは現地20日、デンバー・ナゲッツとカンファレンスファイナル第2戦を戦い、アンソニー・デイビスの決勝3Pで勝利した。

タイムアウトが残っていなかったレイカーズは、ラジョン・ロンドからのインバウンドパスを受け取ったデイビスがニコラ・ヨキッチの上からタフな3Pを決め、カンファレンスファイナル2連勝。

チームの最後の10得点をひとりで記録したデイビスによると、チーム内に「誰がシュートを撃つのか?」という迷いはなかったという。

デイビスは逆転3Pショットについて次のようにコメント。larrybrownsports.comが伝えている。

僕はロンドをずっと見ていた。

準備していたかって?

僕はああいったショットを決めたい。

ビッグタイムプレイを求めているんだ。

僕のキャリアの中で間違いなく最高のビッグショットさ。

僕が(ニューオーリンズを)出た時、チャンピオンシップのために戦いたいと思っていた。

このような瞬間が来ることは分かっていた。

特にバスケットボールにおいて最大のマーケットであるロサンゼルスにいるとね。

デイビスは第1戦の37点に続き、第2戦でも30点オーバーを記録。

チームを救ったデイビスの劇的決勝弾は、NBAチャンピオンを目指すレイカーズにさらなる勢いをもたらすことになりそうだ。

なお、デイビスのカンファレンスファイナル第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間32:4739:18
得点3731
リバウンド109
アシスト42
スティール01
ブロックショット02
ターンオーバー311
FG成功率57.1%
(12/21)
47.8%
(11/23)
3P成功率33.3%
(1/3)
50.0%
(2/4)
フリースロー成功率80.0%
(12/15)
100%
(7/7)
+/-+15+8

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA