【スポンサーリンク】

スティーブ・ナッシュがコービー・ブライアントの他界について「身体が凍えた」

スティーブ・ナッシュがコービー・ブライアントの他界について「身体が凍えた」

NBAレジェンドのスティーブ・ナッシュは、現役最後の2年間をロサンゼルス・レイカーズの一員として過ごした。

同じ1996年のNBAドラフト組であるコービー・ブライアントとチームメイトになり、短い期間ではあったもののブライアントと共に過ごしたナッシュ。

ブライアントが今年1月下旬に悲劇の事故で他界してから約9カ月が経った今、ナッシュがブライアントの悲報を受けた当時を振り返った模様。

ナッシュによると、ブライアントの悲報を聞いた途端、全身の感覚が失われたという。ナッシュのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

ロサンゼルスでテニスをしていた時に聞いたんだ。

ほとんど何も感じなかった。

たた凍えて感覚が失われた。

身体の防御反応だったのかは分からない。

事実だと理解するまで時間がかかった。

今も受け入れようとしている段階だと思う。

現実ではないと感じている。

彼とはキャリアを通して競い合ったし、一緒にプレイした。

彼にはおそらく2016年から会っていない。

だから、彼がそこにいるといつも感じているし、いつかまたすれ違うだろうと感じている。

受け入れるのは非常に難しい。

ナッシュは先日、ブルックリン・ネッツとヘッドコーチ契約を結んだ。

NBAコートに戻れば、いろんな場所でブライアントの存在を感じることになる。

そのたびにブライアントとの記憶が蘇り、やがて現実のこととして受け止めるだろう。

ナッシュには同じ1996年NBAドラフト組として、ブライアントの偉大さを語り継いでもらいたい。

なお、1996年NBAドラフト上位20選手は以下の通りとなっている。

指名順選手名
1アレン・アイバーソン
2マーカス・キャンビー
3シャリーフ・アブドゥル・ラヒーム
4ステフォン・マーブリー
5レイ・アレン
6アントワン・ウォーカー
7ロレンゼン・ライト
8ケリー・キトルズ
9サマキ・ウォーカー
10エリック・ダンピアー
11トッド・フラー
12ヴィタリー・ポタペンコ
13コービー・ブライアント
14ペジャ・ストヤコビッチ
15スティーブ・ナッシュ
16トニー・デルク
17ジャーメイン・オニール
18ジョン・ウォーレス
19ウォルター・マッカーティー
20ジードルナス・イルガウスカス

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA