【スポンサーリンク】

ルーカス・ノゲイラが28歳にして現役引退を決断

ルーカス・ノゲイラが28歳にして現役引退を決断

元NBA選手のルーカス・ノゲイラは、トロント・ラプターズの一員としてプレイした2017-18シーズンを最後にNBAから離れている。

以降は海外のチームでプレイし、バスケットボールに取り組んでいたノゲイラだったが、プロ選手としての道を閉ざす決断を下した模様。

現在28歳のノゲイラによると、怪我で離脱を強いられた後に2年ぶりにバスケットボールコートに戻ったものの、先週再び怪我をしてしまい、現役引退を決断したという。

ブラジル出身のノゲイラは、2013年のドラフト16位でボストン・セルティックスに指名されると、2014-15シーズンにトロント・ラプターズの一員としてNBAデビュー。

ラプターズではバックアップビッグマンとして4シーズンを過ごしたものの、十分な出場機会を得ることはできなかった。

ノゲイラはプロのバスケットボール選手として成功することはできなかったものの、これからの人生で成功を収めることを祈りたい。

なお、ノゲイラのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

NBAキャリア
出場試合数141
平均出場時間12.4
平均得点3.2
平均リバウンド2.8
平均アシスト0.5
平均スティール0.6
平均ブロックショット1.0
平均ターンオーバー0.5
FG成功率63.2%
3P成功率26.5%
フリースロー成功率64.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA