【スポンサーリンク】

東京オリンピック金メダルオッズのトップはチームUSA

東京オリンピック金メダルオッズのトップはチームUSA

NBAを代表するスター選手たちが集ったチームUSAは、2019年のFIBAバスケットボールワールドカップでまさかの7位に終わった。

デイミアン・リラードやケビン・デュラントなどNBAのスーパースターたちが欠場したことも影響したと思われるが、NBAオールスターレベルの選手たちが揃ったチームUSAとしては許されない結果だったと言えるだろう。

つまり、間もなく開幕する東京オリンピックは、アメリカはもちろんNBAの威信を取り戻す重要な戦いとなる。

そんな中、ウィリアムヒルが東京オリンピックの金メダルのオッズを発表した。

トップのオッズがついたのはグレッグ・ポポビッチHC指揮するチームUSAで、NBA選手を多く抱えるオーストラリア代表とスペイン代表がチームUSAに続いている。

チームUSAにはFIBAワールドカップでもトップのオッズがついたが、東京オリンピックではオッズ通りの結果を残すことができるだろうか?

ウィリアムヒルの東京オリンピック金メダルオッズは以下の通りだ。

チームグループ倍率FIBAランク
アメリカA1.251
オーストラリアB11.003
スペインC11.002
スロベニアC21.0016
フランスA21.007
アルゼンチンC29.004
ナイジェリアB34.0022
イタリアB51.0010
チェコA101.0012
ドイツB101.0017
イランA501.0023
日本C501.0042

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA