【スポンサーリンク】

NBAとNBPAがプレイントーナメント継続で合意

NBAとNBPAがプレイントーナメント継続で合意

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは先日、2021-22シーズンもプレイイントーナメントを継続する方向で調整していることを明かした。

プレイイントーナメントを継続するにはNBPAと合意しなければならなかったが、晴れて合意に至った模様。

ESPNによると、NBAとNBPAは2021-22シーズンもプレイイントーナメントを行うことで合意し、NBA理事会による投票を経て正式に決定するという。

今季のプレイイントーナメントにはウェスタン・カンファレンスのロサンゼルス・レイカーズとゴールデンステイト・ウォリアーズ、メンフィス・グリズリーズ、サンアントニオ・スパーズ、イースタン・カンファレンスのボストン・セルティックス、ワシントン・ウィザーズ、インディアナ・ペイサーズ、シャーロット・ホーネッツが参戦し、ウェストはレイカーズとグリズリーズ、イーストはセルティックスとウィザーズがNBAプレイオフ出場権を獲得した。

プレイイントーナメントではNBAプレイオフさながらの激しい戦いが繰り広げられ、NBAファンにより興奮をもたらしている。

一方、NBA選手にとっては疲労が蓄積するシステムともなっており、レイカーズのレブロン・ジェイムスなど複数のスター選手はプレイイントーナメント導入に反対していた。

なお、今回の合意は2021-22シーズンのプレイイントーナメントに対してであり、2022-23シーズン以降も継続するかは決定していない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA