【スポンサーリンク】

2012-13シーズン オールNBAサードチーム

2012-13シーズンのオールNBAファーストチーム、セカンドチーム、サードチームがそれぞれ発表された。

今回は、オールNBAサードチームに選出されたプレイヤーを紹介しよう。

デイビッド・リー(GSW)

合計79ポイントを獲得して選出。

プレイオフでは怪我に苦しんだが、ウォリアーズのインサイドには欠かせない選手だ。

  • 平均18.5得点(リーグ15位)
  • 平均11.2リバウンド(同4位)
  • 平均3.5アシスト(同35位)
  • FG成功率51.9%(同21位)
  • ダブルダブル56回(同1位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

ポール・ジョージ(IND)

合計73ポイントを獲得して選出。

2012-13シーズンのモスト・インプルーブド・プレイヤーにも選出されている。

  • 平均17.4得点(リーグ25位)
  • 平均7.6リバウンド(同27位)
  • 平均4.1アシスト(同37位)
  • FT成功率80.7%(同50位)
  • 平均1.81スティール(同8位)
  • ダブルダブル23回(同24位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

ドワイト・ハワード(LAL)

ファーストプレイス17票、合計203ポイントを獲得して選出。

負傷者続出のレイカーズで主力として活躍した。

  • 平均17.1得点(リーグ27位)
  • 平均12.4リバウンド(同1位)
  • FG成功率57.8%(同2位)
  • 平均1.11スティール(同44位)
  • 平均2.45ブロック(同5位)
  • ダブルダブル48回(同2位)

ドウェイン・ウェイド(MIA)

ファーストプレイス3票、合計145ポイントを獲得して選出。

2011-12シーズンに続き、NBAオールサードチームへの選出となった。

  • 平均21.2得点(リーグ8位)
  • FG成功率52.1%(同18位)
  • 平均1.86スティール(同6位)

ジェイムス・ハーデン(HOU)

ファーストプレイス5票、合計253ポイントを獲得して選出。

2012-13シーズンは平均得点、フリースロー成功率、平均リバウンド本数、平均アシスト本数、平均スティール本数でキャリアハイを記録した。

  • 平均25.9得点(リーグ5位)
  • 平均5.8アシスト(同24位)
  • FT成功率85.1%(同17位)
  • 平均1.82スティール(同7位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA