【スポンサーリンク】

ドナルド・スターリン続投なら来季はボイコットか?

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンの人種差別発言を受け、NBAはスターリンにNBAからの永久追放処分を下した。

クリッパーズを売却するよう働きかけているNBAだが、スターリンは売却しない姿勢を見せている。

このままなら問題は法定へと移され、解決までに膨大な時間がかかってしまうだろう。

先日、スターリンは自身の人種差別発言について公の場で謝罪した。

だが、その中でマジック・ジョンソンのエイズに触れ、批判を繰り返すなど、謝罪とは言えないものだったのだ。

スターリンがクリッパーズを手放さないなら、2014-15シーズンは開幕しないかもしれない。

選手協会副会長のロジャー・メイソンjr(マイアミ・ヒート所属)によると、このままの状態が続くようならNBA選手は来季をボイコットするという。

これにはレブロン・ジェイムスも賛同しているようだ。

メイソンは次のように話している。

「もし問題が解決しないなら、来季の開幕はない。ロッカールームでレブロンと話したけど、彼はチームのリーダーでもあるし、NBAへの影響も強いんだ。『もしあの男があの場所に居続けるなら、俺たちはプレイしない』って話してたよ」

果たして来季のNBAは開幕されるのか。

すべてはスターリン次第となりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA