【スポンサーリンク】

トム・ティボドーHC 「セントラル・ディビジョンは激戦必至」

シカゴ・ブルズの名将、トム・ティボドーHCが、セントラル・ディビジョンでトップに君臨するのはタフだと語った。

今オフ、セントラル・ディビジョンの各チームは大型補強を敢行。
激戦必至の様相を呈している。

以下、ティボドーHCのコメント。

「毎年のことだけど、さまざまなチャレンジに直面する。特に今年のセントラル・ディビジョンで戦うことは大きなチャレンジさ。インディアナ・ペイサーズは昨季と変わらずタレントが豊富だし、クリーヴランド・キャバリアーズはドラフトNo.1ピックのアンソニー・ベネット、そしてアンドリュー・バイナムが加わった。危険なチームになったよ」

「デトロイト・ピストンズとミルウォーキー・バックスも強い。みんな軽視してるみたいだけど、ピストンズにはジョッシュ・スミス、それにブランドン・ジェニングスが加わっているからね。セントラル・ディビジョンで戦うことは本当に大きなチャレンジだよ」

シカゴ・ブルズ ハイライトムービー

 

セントラル・ディビジョンが激戦区であることは間違いないものの、それよりイースタン・カンファレンスを勝ち抜くほうが難しそうだ。

イーストにはスリーピートを狙う王者マイアミ・ヒート、大型補強でスター軍団に変貌したブルックリン・ネッツ、昨季の得点王カーメロ・アンソニー率いるニューヨーク・ニックスがいる。

エースのデリック・ローズがいよいよ復帰するものの、プレイオフ進出がまずは大きな壁となるかもしれない。

シカゴ・ブルズ 2012-13TOP10プレイ

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA