【スポンサーリンク】

ジョーダン・プールとドレイモンド・グリーンの関係は本当に改善した?プールがインタビューでグリーンの名を外す

ジョーダン・プールとドレイモンド・グリーンの関係は本当に改善した?プールがインタビューでグリーンの名を外す

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンは、オフシーズン中にジョーダン・プールの顔面に本気パンチを見舞い、世間を騒然とさせた。

グリーンは当時、自主的に謹慎すると、その後少なくともコート上の彼らの関係は改善したように見えた。

だが、プールの中にはまだしこりが残っているのかもしれない。

ウォリアーズが現地12月30日にポートランド・トレイルブレイザーズに勝利して4連勝を飾った後、4試合で平均30得点以上を記録しているプールは好調の理由について質問されると、グリーン以外のチームメイトたちの名を挙げ、次のように答えたという。fadeawayworld.netが伝えている。

ダンテ(・ディヴィンチェンゾ)が大活躍した。

クレイ(・トンプソン)が大活躍した。

タイ(・ジェローム)が大活躍した。

JK(ジョナサン・クミンガ)や他の皆もね。

モーゼス・ムーディーは僕たちに良い時間をもたらしてくれた。

シーズンは長いし、どこも良いチームだ。

だから戦い抜く方法を見つけ、それを続けなければならない。

ウォリアーズではブレイザーズ戦でプールが5本の3ポイントを含む41得点、トンプソンが7本の3ポイントを含む31得点、ディヴィンチェンゾが9得点、9リバウンド、4スティール、クミンガが9得点、6アシスト、ジェロームが9得点、4アシストを記録。

一方、グリーンは10得点、11リバウンド、4アシストを記録し、ウォリアーズの勝利に貢献した。

ダブルダブルを記録したグリーンの名が挙がらなかったのは確かに奇妙かもしれないが、プールがグリーンを挙げることをただ忘れていただけと思いたいところだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す