【スポンサーリンク】

ポイントガードの役割にチャレンジするビクター・オラディポ

ビクター・オラディポ

オーランド・マジックのルーキー、ビクター・オラディポが目覚しい活躍を見せている。

チームでポイントガードを任されているオラディポだが、意外なことにこれまでポイントガードの経験がないという。

「ここ(マジック)に来るまで、ポイントガードをやったことがないんだ。インディアナ大の頃は練習で少しやったことがあるけどね。それ以外ではまったくやったことがないよ」

そう話すオラディポは、この夏に行われたサマーリーグとエキシビジョンゲームでポジションをポイントガードにスイッチするようマジックから言われたようだ。

だが、スムーズにポジションチェンジできたとは言えないだろう。

その理由として挙げられるのが、ターンオーバーだ。

対ダラス・マーベリックス戦では9ターンオーバー、対マイアミ・ヒート戦では8ターンオーバーを犯し、いずれも敗戦の要因となってしまった。

ただ、対フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦でトリプルダブル(26得点、10リバウンド、10アシスト)を記録して以降、オラディポのプレイは改善兆候にあり、ここ4試合で犯したターンオーバー数はわずか9。

それでもチームは低迷を続けており、なかなか勝利できない状況にオラディポはフラストレーションを感じている。

「俺にはまだまだやらなきゃいけないことがあるんだ」

そう話すオラディポのフラストレーションを解消するものはただ一つ、勝利だけだ。

トリプルダブルを記録した対シクサーズ戦

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA