【スポンサーリンク】

マイアミ・ヒートvsインディアナ・ペイサーズ 12月11日結果

マイアミ・ヒートvsインディアナ・ペイサーズ 12月11日結果

日本時間12月11日に行われたマイアミ・ヒート対インディアナ・ペイサーズ戦は、84-90でホームのペイサーズが勝利した。

昨季プレイオフ以来の対戦となる両チームだが、第1Qを有利に進めたのは2連覇中のヒートだ。
レブロン・ジェイムスを中心に得点を積み重ね、11点のリードを奪って第2Qを迎える。

だが、今季好調のペイサーズは第2Qから反撃を開始。
中でもセンターのロイ・ヒバートがヒートの弱点とされるインサイドを攻め込み、ゲームハイの24得点を記録する活躍を見せる。
第3Q中盤にヒバートの3点プレイで逆転すると、さらにポール・ジョージらの得点でリードを広げ、その後はヒートに一度もリードを許すことなく勝利した。

3本の3Pを含む17得点を挙げたジョージは、
「本当に激しいゲームだったし、楽しかったよ。どっちのチームもハイレベルなプレイをしてたしね。今夜のゲームに勝てて良かった」
とコメント。

ジェイムスのタイトなディフェンス、さらにはダブルチームを仕掛けられたものの、試合を決める3Pを成功させたことについては、
「そうなることはわかってた。でもオフェンシブに攻めようと考えてたんだ。ボールを回してシェアしなければならないってこともわかってたしね」
と冷静に話している。

また、ペイサーズを勝利に導いたヒバートは、
「ただの1試合に過ぎないよ。この試合から学び、経験を積まなきゃいけないんだ。まだシーズン序盤。俺たちにはもっとやらなきゃいけないことがたくさんある」
と気を引き締めなおした。

一方のイースタン・カンファレンスの頂上対決に敗れたヒートは、ここ5試合で3敗目と調子を落としている模様。

17得点、14リバウンド、6アシスト、2スティールを挙げるも、5ターンオーバーを犯したジェイムスは、
「彼ら(ペイサーズ)がディフェンスに良いチームだってことは知ってるよ。彼らはタフショットも決めてたし、ペイント内を果敢にアタックしてきた。彼らにはリバウンド数で10本差をつけられてしまったけど、俺たちもリバウンドを頑張ってたと思うし、みんなちゃんと戦ってたと思うよ」
とコメントし、ペイサーズを称賛した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
マイアミ・ヒート 30 17 17 20 84
インディアナ・ペイサーズ 19 21 28 22 90

マイアミ・ヒート スタッツ

先発メンバー

インディアナ・ペイサーズ スタッツ

先発メンバー
ヒートvsペイサーズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA