トレードが噂されている選手たち

【PR】

トレードが噂されている選手たち

2013年終盤、ルディ・ゲイ、デリック・ウィリアムス、グレイビス・バスケスなど才能豊かな選手たちがトレードされた。

日本時間2014年2月21日がトレード期限となっているが、トレードが噂されている有望選手たちを振り返ってみよう。

オマー・アシック(ヒューストン・ロケッツ)

オマー・アシック

ディフェンシブセンターであるアシックだが、ドワイト・ハワードとプレイが噛み合わないと判断されて以来、アシック自身がトレードの意思を明確にしている。

今月20日までにトレードが成立するとの憶測があったものの、アシックの高額な年棒がネックとなり、どのチームにも獲得の意思を示してもらえなかった。

情報筋によると、ボストン・セルティックス、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、アトランタ・ホークス、ブルックリン・ネッツとトレード交渉が行われていたという。

カイル・ローリー(トロント・ラプターズ)

カイル・ローリー

ここ最近、ラプターズのマサイ・ウジリGMは自身の好みでロスターを構成しなおそうとしている。

ゲイをサクラメント・キングスへ放出し、代わりにポイントガードのバスケスを獲得。

バスケスの加入により、ローリーのトレードが現実味を増しているようだ。

今季が契約最終年となるローリーだが、現在のところニューヨーク・ニックスとブルックリン・ネッツが興味を示している模様。

2014年中のトレードが濃厚とされている。

ジマー・フレデッテ(サクラメント・キングス)

ジマー・フレデッテ(

今季、ジマー・フレデッテにはコンスタントな出場時間が与えられていない。

キングスはフレデッテをトレードにかける意思があるようで、現在のところユタ・ジャズが濃厚のようだ。

ジャズにトレードされた場合、ブリガム・ヤング大学出身のスター選手としてユタファンから人気を獲得できる。

ディオン・ウェイターズ(クリーヴランド・キャバリアーズ)

ディオン・ウェイターズ

今季のキャブスでは、ケミストリーの問題が取り沙汰されている。

その問題の中心にいるのが、ウェイターズだ。

ウェイターズはマイク・ブラウンHCの起用法に不満を示している。

ブラウンHCはウェイターズのトレードを否定しているが、ニューヨーク・ニックスとフィラデルフィア・セブンティシクサーズがウェイターズ獲得に興味を持っている模様。

イマン・シャンパート(ニューヨーク・ニックス)

イマン・シャンパート

ニックスがラプターズのローリー、そしてキャブスのウェイターズ獲得を検討していると報じられたが、トレード要員としてイマン・シャンパートが挙がっているようだ。

今季のシャンパートは怪我に苦しみ、チームも予想を反して低迷を続けている。

シクサーズの3選手

タディアス・ヤング

今季は好調なスタートを切ったものの、ルーキーのマイケル・カーター・ウィリアムスが負傷後、シクサーズの勢いは急低下。

これにより、チームの再建論が巻き起こっている。

トレードの可能性がある選手として噂されているのは、タディアス・ヤング、エバン・ターナー、スペンサー・ホーズの3選手だ。

ただ、ホーズについては保留する可能性が高いとも報じられている。

トレードが噂されているその他の選手

上記で挙げた選手のほかにも、ボストン・セルティックスのコートニー・リー、ブランドン・バス、クリス・ハンフリーズ、マーション・ブルックス、ジェラルド・ウォーレス、さらに可能ならジェフ・グリーンとジョーダン・クロフォードまでトレードにかける用意がある模様。
レイジョン・ロンドはキープする可能性が高い。
もし実現すれば、セルティックスは本格的な再建に取り掛かることになるだろう。

負傷者が相次ぐシカゴ・ブルズでは、カルロス・ブーザー、場合によってはルオル・デンとセットでトレードする可能性がある。

同じく負傷者に悩まされているロサンゼルス・レイカーズではパウ・ガソルのトレードが噂されたものの、チームは放出しない意向を示しているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】