【スポンサーリンク】

勝利を信じ続けるマイク・ウッドソンHC

マイク・ウッドソンHC

オクラホマシティ・サンダーとのクリスマスゲーム、エースのカーメロ・アンソニーを負傷で欠くニューヨーク・ニックスは、29点差という大敗を喫した。

この試合の翌日、ニックスの面々はフラストレーションをあらわにしたようだが、マイク・ウッドソンHCは未だに自信を持ち続けている。

アトランティック・ディビジョンのタイトルを獲得できると話すウッドソンHCは、
「昨季、我々はディビジョンタイトルを獲得したんだ。だから今季も勝つと思ってるよ」
とコメント。

ニックスはここ12試合で6勝6敗と勝率5割をキープ。
ウッドソンHCの自信は、この勝率から来ているのかもしれない。

「私にトンネルの向こうの光が見えてると思うかい?答えはイエスだよ」

そう話すウッドソンHCに対してはニックスも全幅の信頼を寄せており、ウッドソンHC及びスタッフ陣を解任、変更するつもりは一切ないと伝えている。

ニックスのチェアマン、ジェイムス・ドーラン氏は、HC解任説に振り回されている選手たちの前に立ち、解任はないと断言したようだ。

ニックス 2013-14プレビュー動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA