【スポンサーリンク】

ウォリアーズがジェイムス・ワイズマンとのトレードでブラッドリー・ビール獲得を狙う?

ゴールデンステイト・ウォリアーズは今季、ステフィン・カリーやクレイ・トンプソンなど主力たちの相次ぐ負傷離脱の影響を受け、リーグワーストの成績で終えた。

だが、カリーとトンプソンが復帰する来季はNBAタイトルコンテンダーのチームに返り咲くだろう。

その前に気になるのが、今年のNBAドラフト2位指名権をどう使うかだ。

ウォリアーズはドラフト2位指名権でジェイムス・ワイズマンを獲得すると予想されているが、イースタン・カンファレンスのあるエグゼクティブによると、ウォリアーズはひとまずワイズマンを指名し、シーズン中のトレードでブラッドリー・ビール獲得を狙うという。

あるエグゼクティブはウォリアーズのプランについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

彼をドラフトするのは、広くアピールするためだ。

ウォリアーズは後日(来年2月のトレード期限)、ブラッドリー・ビールのトレード獲得狙うだろう。

ビールには他チーム移籍の噂が出ているが、少なくともNBA2020-21シーズンの開幕はワシントン・ウィザーズの一員として迎えると見られている。

だが、ビールとジョン・ウォールが噛み合わなければ、ビールのトレードの可能性は高まるだろう。

ウォリアーズはそれを狙っていると思われるが、ワイズマンをドラフト後のトレードで放出し、即戦力となる選手を獲得する可能性も否定できない。

果たしてウォリアーズはどのようなプランを立てているのだろうか?

なお、ウェスタン・カンファレンスのあるエグゼクティブはこう話している。

人々が思っているよりワイズマンは(ウォリアーズに)フィットすると思う。

しかし、ドラフト指名権をトレードする可能性は高いだろう。

だが、私はワイズマンがウォリアーズにいるのは嫌いではない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA