【スポンサーリンク】

NBAファイナルへ向けて模索を続けるエリック・スポエストラHC

エリック・スポエストラHC

対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦、クリス・ボッシュの3Pで逆転勝利を飾ったマイアミ・ヒートだが、これはエリック・スポエストラHCの仕掛けた策だったという。

レブロン・ジェイムスを負傷で欠いているヒートでは、フィニッシャーとしてドウェイン・ウェイドが選択されるケースが多い。

逆転を賭けたプレイでもまずはウェイドにボールを託すも、ドライブインを仕掛けたウェイドはアウトサイドでオープンになっていたボッシュにパス。

パスを受けたボッシュは3Pラインまでステップバックし、見事3Pを決めてみせた。

3連覇を狙うヒートだが、選手の健康管理も欠かすことができない。

スポエストラHCは特に膝に爆弾を抱えるウェイドの状態を気にしており、今季は8試合休養を与えている。

また、ジェイムスの出場時間もキャリアローの36.0分に制限するなど、昨季までとは違う起用法を試しているようだ。

まるでサンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCのようだが、常に新しい方法を模索し、実行に移していることが、常勝軍団ヒートの礎となっているのかもしれない。

C・ボッシュ 対ブレイザーズ戦ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA