ネッツ、ブルズ、ペリカンズ間でトレード成立

【スポンサーリンク】

マーキス・ティーグ

ブルックリン・ネッツ、シカゴ・ブルズ、ニューオーリンズ・ペリカンズの間でトレードが成立したと報じられた。

情報筋によると、ネッツはトコ・シェンガリアをブルズへ送り、ポイントガードのマーキス・ティーグを獲得したとのこと。

また、タイショーン・テイラーがペリカンズへ移籍することになったようだ。

ネッツは将来のドラフト指名権もペリカンズへ譲渡したという。

デロン・ウィリアムスを負傷で欠くネッツは、ティーグの獲得によりポイントガードを補強。
ブルズに在籍していたティーグは、デリック・ローズが負傷離脱した後も出場期間をなかなか与えられず、19試合しか出場していない。

なお、今季は平均2.4得点、FG成功率24%を記録している。

一方、シェンガリアとテイラーは今季の大部分をDリーグでプレイしていた。

M・ティーグ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA