【スポンサーリンク】

グリズリーズ スモールフォワード獲得を模索

メンフィス・グリズリーズ

ボストン・セルティックスからコートニー・リーを獲得し、負傷から復帰したマーク・ガソルが加わったことで、メンフィス・グリズリーズは昨年同様ウェスタン・カンファレンスの脅威となるチームに戻りつつある。

グリズリーズのディフェンスは、NBAトップクラスといって間違いないだろう。

だが、プレイオフを勝ち抜くためには、オフェンス力が十分ではないかもしれない。

オフェンス力を高めるために、現在グリズリーズはスコアリング能力の高いスモールフォワードを探しているようだ。

一時は今季終了後にFAとなるザック・ランドルフのトレードも噂されていたが、今のところグリズリーズにランドルフを手放す考えはない模様。

むしろトレードの可能性が高いのは、テイショーン・プリンスではないだろうか。

ベテランのプリンスは、NBA12年のスターターキャリアでワーストとなる平均6.0得点、FG成功率38%、3P成功率29.5%、3.0リバウンド、1.8アシストに低迷しているのだ。

これを鑑み、プリンスが復調すれば問題ないのかもしれないが、このままの状態が続くようならグリズリーズのウィークポイントとなる可能性もあるだろう。

トレード期限までにグリズリーズがスモールフォワード獲得へ向けて動くのか、注目していきたい。

グリズリーズ 2013-14プロモ動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA