【スポンサーリンク】

ネネ 左膝の負傷で4~6週間の離脱

ネネ

ワシントン・ウィザーズのネネが、左膝の負傷で今後4~6週間欠場することが明らかになった。

日本時間24日の対クリーヴランド・キャバリアーズ戦で左膝を負傷したネネだが、MRI検査でMCL(内側側副靭帯)の損傷が判明。

仮にネネが6週間離脱するとなれば、レギュラーシーズン中に復帰しない可能性もある。

プレイオフには復帰できると見られているが、現在ウィザーズはプレイオフ進出をかけて激しい順位争いをしている真っ只中だ。

ネネの離脱は、特にウィザーズのディフェンスに影響をもたらしてしまうだろう。

今季、ネネは14.2得点、5.8リバウンド、3.0アシスト、FG成功率49.3%、1.2スティール、0.9ブロックのアベレージを記録している。

膝内側側副靱帯(MCL)
膝内側側副靱帯(以下MCL)は、膝靱帯損傷のうちで最も頻度が高く、単に膝の捻挫として取り扱われることが多い障害です。初期に適切な固定をすれば修復しやすいものですが、陳旧化(急性期に処置をせず伸びた状態)した場合は、有効な治療法が少ないので受傷時の取り扱いは慎重を期します。

ネネ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA