【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンス 鼠径部の手術で最長6週間の離脱

ケンドリック・パーキンス

オクラホマシティ・サンダーのケンドリック・パーキンスが、負傷した鼠径部の手術を受けるため、今後最長で6週間離脱することが明らかになった。

先日の対ロサンゼルス・クリッパーズ戦では、パーキンスの代わりにルーキーのスティーブン・アダムスが先発出場。
だが、第3Qに負傷し、スモールラインナップでの戦いを余儀なくされた。

パーキンスの離脱は、何よりサンダーのディフェンス面で大きな痛手となるだろう。

アダムスの負傷が軽いものであれば、パーキンスの復帰までアダムスが代理を務める模様。

だが、アダムスには高いポテンシャルがあるものの、まだまだ未熟だ。

アダムスにはパーキンス不在の間に成長することが求められる。

K・パーキンス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA