【スポンサーリンク】

負傷離脱中のアル・ホーフォード 今季絶望か?

アル・ホーフォード

日本時間12月27日、アトランタ・ホークスのアル・ホーフォードが右の胸筋を断裂した。

それ以降欠場が続いているホーフォードだが、今季中に復帰できない可能性が浮上しているようだ。

2011年には左の胸筋を断裂したものの、シーズン中に復帰。
今季も復帰が期待されていたが、ホーフォードは自身の状態について以下のように話している。

「(今季中の復帰は)難しいと思う。正直言って、今回の怪我はこれまでの怪我と比べて厳しいからね」

「右側はシュートを打つほうの筋肉だし、自信を100%取り戻さなきゃいけないんだ。だから、復帰は少し遅れそうだよ」

ホークスにとって、ホーフォードの存在は不可欠だ。

今季、ホーフォードが出場した試合では16勝13敗、欠場した試合では11勝22敗と数字にも表れている。

今季のホーフォードは平均18.4得点、8.6リバウンドを記録。
負傷している今は右手を使った練習に取り組めず、左手でのショットを余儀なくされているという。

「これまで左手の練習を怠っていたことを後悔してるよ。これは俺にとって大きなチャレンジだし、やらなきゃいけないんだ」

そう話すホーフォードだが、復帰後は左手を使ったプレイも見られるようになるかもしれない。

A・ホーフォード ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA