【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビスが好不調の波について「考え過ぎている」

ロサンゼルス・レイカーズのアンソニー・デイビスは、デンバー・ナゲッツとのカンファレンスファイナル第2戦でチームを救うビッグショットを決めてみせた。

デイビスには称賛の声が相次いでいるが、今季のデイビスは決して良い時ばかりではない。

時にはアグレッシブに攻めず、NBAアナリストたちに批判されることもある。

では、デイビスに好不調の波があるのはなぜなのだろうか?

デイビスによると、頭の中でいろいろと考えすぎてしまうことがあるという。デイビスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(波があるのは)コートに出た時に考え過ぎてしまうことがあるからだと思う。

どのゲームにおいても「こんな動きをしたい」と思って入るし、正しいプレイをすることを考えている。

君たちが言っているように、アグレッシブになると大きな違いが生じるだろう。

僕がアグレッシブな時は、確かにチームを牽引している。

これからはそういうマインドでやっていかなければならないね。

サイズと機動力があるデイビスの存在は、レイカーズに大きなアドバンテージをもたらしている。

そのデイビスがさらに集中し、常にアグレッシブにプレイするようになれば、相手チームにとって悪夢以外の何ものでもないだろう。

シリーズ第3戦もアグレッシブにプレイし、NBAファイナル進出に王手をかけたいところだ。

なお、デイビスのカンファレンスファイナル第1戦と第2戦のスタッツは以下の通りとなっている。

第1戦第2戦
出場時間32:4739:18
得点3731
リバウンド109
アシスト42
スティール01
ブロックショット02
ターンオーバー31
FG成功率57.1%
(12/21)
47.8%
(11/23)
3P成功率33.3%
(1/3)
50.0%
(2/4)
フリースロー成功率80.0%
(12/15)
100%
(7/7)
+/-+15+8

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA