【スポンサーリンク】

オーストラリアのチームのオーナー ラメロ・ボールの帰国に「失望してる」

今年のドラフト上位指名候補であるラメロ・ボールは、オーストラリアリーグで今季を送っていた。

だが、足の負傷で離脱すると、ドラフトに備えてチームを離れることを決断。

オーストラリアでのシーズンはわずか12試合で終わることとなった。

しかし、ボールが所属していたイラワラ・ホークスのオーナーは、ボールの帰国に若干の怒りを覚えているのかもしれない。

ボールの帰国について、ホークスのオーナーは次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

「本当に失望してる。彼はチームメイトやコーチたちに別れの挨拶を言うこともなかったんだ」

また、チームメイトによると、ボールは彼らに帰国することを伝えずにチームを離れたという。

なお、ラメロ・ボールは以前、リトアニアのプロリーグでプレイしていたが、父ラバー・ボールがコーチの手腕に疑問を感じ、息子たちをアメリカに帰国させた経緯がある。

その翌年、JBAのインターナショナルツアーの一環としてリトアニアに凱旋し、親善試合に出場したラメロ・ボールは、リトアニアチームのプレイヤーと殴り合いの乱闘を演じた。

https://twitter.com/Sturdy_Jayy/status/1046824017917829120?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1046824017917829120&ref_url=https%3A%2F%2Fnba-sweetdays.com%2F2018%2F10%2F02%2Flamelo-ball-8%2F

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA