【スポンサーリンク】

トニー・ローテン「ジョーダンから謝罪されたというのはジョークのつもり」

トニー・ローテン

先日の試合中、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのトニー・ローテンが履いていたバスケットシューズ“ジョーダン10レトロ”の底がまるまる剥がれるというアクシデントが発生した。

ローテンはバッシュが壊れたことでマイケル・ジョーダンから謝罪されたと話していたが、どうやらローテン本人はジョークのつもりだったらしい。

「実はMJ(マイケル・ジョーダン)から謝罪の電話は受けてないんだ。リポーターから『彼(ジョーダン)は謝罪の電話をすべき?』って聞かれたから、ジョークのつもりで答えたんだよ」

「本当につまらないジョークだったね。あれがジョークだったってことをツイッターにアップしたよ。ファンのみんなには知らせなきゃと思って。音声だけで聞いてたファンは、まさか俺がジョークを言ってたとは思わないだろうしね」

なんとも分かりづらいジョークだが、これを聞いたジョーダンもさぞかし驚いたことだろう。

世間を騒がせたこのジョークが仇となったのか、その後ローテンは右足首を捻挫し、最低でも3試合の欠場が発表されている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA