【スポンサーリンク】

バイロン・スコットHC コービー・ブライアントにさらなるショットアテンプトを要望

バイロン・スコット

ショットアテンプト数が多いことで知られるコービー・ブライアントだが、3試合の休養から復帰後の対フェニックス・サンズ戦では10本(10得点)、対デンバー・ナゲッツ戦では11本(23得点)にとどまっている。

バイロン・スコットHCからショットアテンプト数について何らかの指摘があったものと思われるものの、キャリア平均19.6本のショットアテンプト数を考えると、ここ2試合におけるブライアントのアテンプト数は極端に少ない。

スコットHCもそれを気にしているようで、次のようにコメント。the Los Angeles Timesが伝えている。

 

「彼(ブライアント)にはもう少しアグレッシブに攻めてほしいし、もう少しショットを打ってもらいたい」

「ここ2試合における彼のショットセレクションは素晴らしい。だけど、我々が望んでいるだけのショットを彼は打ってないんだ。それでも他の選手たちが上がってきてるから、異議を唱えることはできないけどね」

確かにここ2試合におけるブライアントのショットアテンプト数は少ないかもしれないが、それよりもショットの精度が落ちていることが気になる。

ブライアントのFG成功率が40%を下回ったことは、キャリアで一度もない。

今季はFG成功率37.5%と、明らかに精度が落ちているように見えるが、疲労蓄積も原因のひとつとして考えられるだろう。

スコットHCもブライアントの疲労を気にしており、先日には出場時間の制限についても言及していた。

なお、休養明けの対サンズ戦では32分12秒のプレイでFG成功率40.0%、対ナゲッツ戦では32分40秒のプレイでFG成功率54.5%と、改善の兆候が見られる。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By マルショウ

    いつも楽しく拝見させてもらってます。僕は根っからのレイカーファンですがコービーのショットアテンプトよりヒルのミドルショットの方が気になります。昨シーズンとか控えで出てきた時には気になりませんでしたが、確率、シュートセレクション、状況判断が良くない気がします。話それちゃいましたが、勝てないまでも最近それなりにいい線行ってると思うんでコービー無理して打つ必要ない思うんですよね・・・リン、ヤング、ブーザーあたりに球わたしてヤツらが駄目なら打つくらいの感覚で僕は良い思います。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^O^)

      確かにヒルのFG%はガクンと落ちてますね・・・
      平均得点は伸びてますけど、個人的にはヤングにその役割を担ってもらいたいと思ってます。

      コービーがタフショットを減らし、アシストが増えれば驚異ですしね!
      スラムダンクの流川を思い出しました(^_^;)

  2. By ブライアントノア

    確かにコービー最近ショット少ないですね。
    ただコービーの個人技に頼りっきり、タフショットが多かった序盤に比べると、
    最近のレイカーズはグッと良くなっていると思うんですよね。
    だからコービーは割とサポート役に回るほうがいいのかなと思ってます。
    それと、最近プライスやウェズリーが得点を伸ばしてきてるので、頼っていいのかもと思います。
    今日のグリズリーズ戦(惜しくも負けましたが…)ではコービーのパスのうまさが発揮されていましたしね。8アシスト!

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^O^)

      タフショットを減らせばまだまだ驚異の存在ですよね!

*

CAPTCHA