【スポンサーリンク】

元NBA選手のウォーリー・ザービアックがタイリース・ハリバートンを痛烈批判「フェイクオールスター」

元NBA選手のウォーリー・ザービアックがタイリース・ハリバートンを痛烈批判「フェイクオールスター」

インディアナ・ペイサーズのタイリース・ハリバートンは、NBAキャリア3年の今季を飛躍のシーズンとしている。

今季も再建期が続くと見られていたペイサーズがNBAプレイオフ進出の可能性を感じさせているのも、ハリバートンの活躍によるところが大きいだろう。

だが、元NBA選手のウォーリー・ザービアックはハリバートンを評価していないのかもしれない。

現地18日に行われたニューヨーク・ニックス戦でペイサーズが1点差を追っていた第4Q残り12.8秒、ハリバートンが2点ではなく3点を狙いにいったプレイを受け、ザービアックは次のように指摘したという。larrybrownsports.comが伝えている。

大きなミスを犯したフェイクオールスターになりたい男だ。

あの後(ジュリアス・)ランドルにリバウンドを奪われ、フリースローで止めを刺された。

オールスターになりたい男にとって、3点差を追っていたラストチャンスだった。

彼は2年目で、すごく良い選手だ。

だが、彼はオールスターチームにも選出されないだろう。

ジュリアス・ランドルやジェイレン・ブランソンのような男たちのほうがタイリース・ハリバートンよりふさわしい。

僕たちはその理由を今夜見た。

そう指摘したザービアックだが、ハリバートンはNBAキャリア2年目ではなく3年目だ。

つまり、ザービアックはハリバートンのことをよく知らないまま発言してしまったのかもしれない。

ザービアックの発言を受け、ペイサーズファンの腸は煮えくり返っているに違いない。

なお、ハリバートンのニックス戦のスタッツは以下の通りとなっている。

ニックス戦
出場時間31:47
得点15
リバウンド1
アシスト10
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー2
FG成功率31.3%
(5/16)
3P成功率33.3%
(2/6)
フリースロー成功率100%
(3/3)
+/-+2

【スポンサーリンク】

コメントを残す