【スポンサーリンク】

ジョセフ・ツァイがカイリー・アービングを見限る?

ジョセフ・ツァイがカイリー・アービングを見限る?

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングが反ユダヤ思想に満ちた映画をシェアして以降、問題は大きくなり続けている。

アービングは謝罪したものの、火を消すにはあまりに遅く、ナイキはアービングとの関係を凍結。

アービングのシグネチャーモデルであるカイリー8sのリリース予定も白紙に戻したというが、アービングはナイキだけでなく、ネッツとの関係も失ってしまうのかもしれない。

larrybrownsports.comによると、ネッツのオーナーを務めるジョセフ・ツァイはアービングのこれまでのさまざまな言動にうんざりしており、アービングとの関係を完全に終わらせることを望んでいるという。

ネッツのゼネラルマネージャーを務めるショーン・マークスはアービングが謝罪文をリリースした後、出場停止処分を解く条件として「ユダヤ人コミュニティのリーダー、およびネッツの組織と面会すること」を挙げた。

一方で、アービングをウェイブする予定はないとしたため、もしツァイがアービングとの関係を終わらせたいなら、おそらくトレードで放出することになるだろう。

とはいえ、アービングの市場価値は著しく低下しており、アービング獲得を望むNBAチームはロサンゼルス・レイカーズ以外ないとされている。

そのレイカーズもラッセル・ウェストブルックがシックスマンとして素晴らしいパフォーマンスを見せているため、おそらくアービング獲得には動かないだろう。

いずれにせよ、まずはアービングの次の動きに注目が集まるところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA