負傷離脱中のジミー・バトラー 3連敗中のブルズについて「ディフェンスをしなければならない」

【スポンサーリンク】

ジミー・バトラー

ここ最近のシカゴ・ブルズは、主力選手の負傷に悩まされている。

現在は、チームトップの平均アシスト数を記録しているデリック・ローズ、チームのリーディングスコアラーであるジミー・バトラー、さらにシックスマンのタージ・ギブソンが負傷離脱しているブルズは、現在3連敗中。

いずれの対戦チームもプレイオフ進出を狙っているチームだけに、苦戦は予想されていた。

そんな中、バトラーが現在のブルズの課題について言及した模様。バトラーのコメントをnbcsports.comが伝えている。

 

「もし俺らがチャンピオンシップに勝ちたいなら、ディフェンスをしなければならない。失点を減らすためにね」

また、練習の際にトム・ティボドーHCはディフェンスについて特に指摘することはないようだが、これについてバトラーはこうコメント。

 

「それについて彼が言う必要はないし、俺らも分かってる。俺らは相手に110得点はもちろん、100得点を許すようなチームじゃない。もっと良いディフェンスをしなきゃいけないってことは分かってる。だからティブスは言わないのさ。選手間で話す必要もない。だって、もう分かってることだからね」

「俺らは健康な状態でいなければならない。怪我はあると思うよ。でも、できるだけ早く復帰したい。チームには良い選手が揃ってるし、深みもある。復帰まで彼らが砦を守ってくれるさ」

ティボドーHCの起用法には賛否両論あり、選手の出場時間をもっとコントロールすべきという声も多い。

出場時間が長いことにより、ここ数年のブルズは主力選手の負傷離脱に苦しんでいるという説もあるが、この件についてバトラーは次のように話している。

 

「それとティブスとは関係ないよ。怪我は起こること。バスケットボールだからね。ティブスとは何の関係もない。彼はいつだって勝利できるところまで俺らを引っ張ってくれる。彼は偉大なコーチなのさ」

レギュラーシーズン17試合を残しているブルズだが、10試合はロードゲーム。
プレイオフ進出はほぼ確実だろうが、少しでも上位を狙いたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA