【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムス ショット精度の低さに嫌気指す

レブロン・ジェイムス

シカゴ・ブルズとのプレイオフ・カンファレンスセミファイナル第3戦と第4戦で、レブロン・ジェイムスは積極的にショットを放っている。

だが、第3戦ではFG25本中8本(FG成功率32.0%)、第4戦ではFG30本中10本(FG成功率33.3%)と、決して調子は良くない。

第4戦では試合を決めるジャンパーを見事成功させたものの、ジェイムスはここ2試合の低調なパフォーマンスに嫌気が差しているようだ。ジェイムスのコメントをsuntimes.comが伝えている。

 

「こんなに効率が悪いのは嫌になるね。こんなのは好きじゃない。でも、チームメイトが俺に望んでることだから」

キャブスのシリーズ突破は、ジェイムスの覚醒にかかっているといっても過言ではない。

一方のブルズは、ジェイムスの覚醒だけは何としても阻止したいところだ。

シリーズ第5戦は日本時間13日、キャブスのホームで開催される。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    これは、ブルズの守備がちゃんと機能しているということなんでしょうかね?

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      確かにそうともとれますね(^_^;)

*

CAPTCHA