キャリア19年のアンドレイ・キリレンコ 現役引退へ

【スポンサーリンク】

アンドレイ・キリレンコ

プロバスケットボールプレイヤーとしてキャリア19年、うち13年のNBAでプレイしたアンドレイ・キリレンコが、現役を引退した模様。

nbcsports.comによると、キリレンコはロシアのチームからオファーをもらえず、引退を決断したという。

“AK47”のニックネームで親しまれたキリレンコは、2001-02シーズンからユタ・ジャズでプレイ。

2011-12シーズンはロシアのチームでプレイするも、翌シーズンはミネソタ・ティンバーウルブズでNBA復帰。

2013-14シーズンからブルックリン・ネッツでプレイしたが、度重なる怪我にも悩まされ、2013-14シーズンは45試合に出場したのみ。

今季途中にフィラデルフィア・セブンティシクサーズへトレードで移籍するも、解雇されていた。

キャリアで797試合に出場したキリレンコは、平均11.8得点、5.5リバウンド、2.7アシスト、1.4スティール、1.8ブロックショット、FG成功率47.4%、3P成功率31.0%を記録。

オールスターに1回、オール・ディフェンシブチームに3回選出された。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA