マイケル・ジョーダンがFIBAの殿堂入り!

【スポンサーリンク】

レジェンドのマイケル・ジョーダンが、FIBAの殿堂入りを果たした模様。FIBAが公式ホームページで発表している。

シカゴ・ブルズでは2度の3連覇を達成し、NBA人気を世界に広めたジョーダン。

1984年と1992年にはドリームチームのメンバーとしてオリンピックに出場し、金メダル獲得に貢献した。

オールスター出場14回、ルーキー・オブ・ザ・イヤー(1984-85)、オールスターMVP(1987-88、1995-96、1997-98)、ディフェンシブ・プレイヤー・オブ・ザ・イヤー(1987-88)、レギュラーシーズンMVP(1987-88、1990-91、1991-92、1995-96、1997-98)、ファイナルMVP(1990-91、1991-92、1992-93、1995-96、1996-97、1997-98)など賞を総なめにしてきたジョーダンだが、新たな栄誉が加わることになる。

なお、ジョーダンはキャリア15年でレギュラーシーズン1072試合に出場し、平均30.1得点、6.2リバウンド、5.3アシスト、2.3スティール、0.8ブロックショット、FG成功率49.7%、3P成功率32.7%を記録。

プレイオフでは通算179試合に出場し、平均33.4得点、6.4リバウンド、5.7アシスト、2.1スティール、0.9ブロックショット、FG成功率48.7%、3P成功率33.2%という数字を残した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA