ロニー・プライス 足の親指手術で離脱へ

【スポンサーリンク】

フェニックス・サンズのバックアップポイントガード、ロニー・プライスが足の親指捻挫でここ数試合を欠場した。

だが、離脱期間はさらに長くなることになりそうだ。

Yahoo Sportsによると、プライスは足の親指を手術する可能性があるという。

サンズでは、先発ポイントガードのエリック・ブレッドソーが負傷で今季全休。

プライスが長期離脱するとなると、深刻なポイントガード不足に陥ることになるだろう。

昨季はエリック・ブレッドソー、ゴーラン・ドラギッチ、アイザイア・トーマスと優れたポイントガードを豊富に擁していたサンズだが、今季は一転した状況となってしまった。

なお、今季からサンズでプレイしているプライスは今季、34試合に出場し、うち1試合で先発。
平均14.8分のプレイで4.2得点、1.1リバウンド、1.7アシスト、1.1スティール、FG成功率38.2%、3P成功率38.1%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    あれだけハッスルしまくりなディフェンスしてれば、そりゃ怪我も増えるか…でもそんなプライスのプレーが好きです(^ ^)
    前の対レイカーズ戦のサンズはプライスだけが良いプレーしてました(他がひどすぎたとも言える)

*

CAPTCHA